本文へ移動

SDGsの17の目標

SDGsの取り組み

有限会社 ウエストライナーは企業活動を通じたSDGs達成への貢献をめざしています。                  

有限会社ウエストライナー
代表取締役 安川 千代

SDGs(Sustainable Development Goals)とは

SDGsとは「持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals)」のことで、2015年9月の国連サミットで採択された2030年までの国際目標です。

「地球上の誰一人として取り残さない(leave no one behind)」という誓いのもと、人間、地球及び繁栄のための行動計画として、「貧困」「健康と福祉」「教育」「働きがい」「気候変動」など17の目標と169のターゲットで構成されています。

SDGsは発展途上国のみならず先進国自身が取り組むユニバーサルなものであり、日本でも積極的に取り組まれています。

当社の取り組みについて

環境への配慮

全てのドライバーに対しエコドライブの実施に取り組ませ、事業所のごみの軽減、ペーパレス化を進め、積極的に環境負荷軽減に貢献して参ります。
【具体的な取組】
・エコ運転の実施・アイドリングストップ
・Webシステムを導入し電子化を進める
・デジタルタコグラフでエコドライブを可視化
・無駄のない効率の良い運行

安心して働ける職場づくり

社員の健康と安全に配慮し、ドライバーの労働環境の改善に取り組み、より働きやすく働きがいのある職場づくりに努めます。
【具体的な取組】
・安全運行に配慮した車両や安全装置の導入
・定期健康診断の実施、健康状況の把握と受診の管理
・年間休日を増やし、有給休暇の積極的取得
・デジタルタコグラフを活用し無理のない適正な運行管理で残業時間、労働時間の削減に努める。

安全で高品質の輸送

「安全はすべてに優先する」に基づき、プロドライバーとして誇りと自覚を持ち安心安全で高品質な提供いたします。
【具体的な取り組み】
・デジタルタコグラフやドライブレコーダー、バックカメラなど安全運転の補助となる装置の導入
・安心安全で高品質な運行に必要な適正運賃の収受
・交通事故、貨物事故を無くすのに必要な教育
・法令遵守の徹底
0
1
7
6
3
2